BLOG ブログ

  • ニュース
  • 採用ブログ
  • 「地域課題×持続可能なビジネス」を目的とした4泊5日のビジネスコンテスト開催修終了!

採用ブログ

2016.08.29

「地域課題×持続可能なビジネス」を目的とした4泊5日のビジネスコンテスト開催修終了!

 

こんにちは!オズビジョンの人事の松澤亜李沙です。

8月21日~25日まで、青森県深浦町で「地域課題×持続可能なビジネス」を目的としたビジネスコンテストを開催してきましたので、ご報告します!

今回のビジネスコンテストは青森県が主催する「考動プロジェクト」と「BIZ CAMP」がコラボし、4泊5日の宿泊型のビジネスコンテストです。舞台は青森県深浦町で、青森県内の学生11名、北海道から九州まで全国から選ばれた学生12名、合計23名の学生が主役です。学生のバックアップとして都内IT企業3社と地元企業、そして青森県庁、深浦町役場がフォローに入りました。

学生たちは、マグロの水揚げ高が青森県1位、世界自然遺産白神山地を抱えるにも関わらず、認知度がないということや、少子高齢化に伴う人口減少、医師不足、水産業の後継者不足など、深浦町が抱える地域課題解決のための、実現・持続可能なビジネス創出を目指しました。

14191866_10209128466281494_1614578545_o

ゴールは、自治体や企業からの投資!

今回のプロジェクトでは、弊社オズビジョンの他、クルーズ株式会社、株式会社ドリコム、地元の旅行会社であるたびすけ合同会社西谷が参画。これら4社と青森県庁、深浦町役場、青森銀行深浦支店の幹部が最終プレゼンテーションの審査員となり、投資に価するかを審査しました。

審査項目としては、『ユーザーニーズが検証されているか /実現可能性があるか/深浦町の地域活性化になるか/持続可能性のある収支計画になっているか』

今回のプロジェクトは、単なるアイデア出しで終わるのではなく、学生の手で実現するまでのサポートが担保されていることが特徴です。実現化まで考えているため、社会人や学生メンターからの厳しいフィードバックが飛び交います。中間プレゼンをするたびに、今まで考えてきたことが白紙に戻ってしまうこともあり、学生にとってこの5日間はとても楽とは言えない日々だったと思います。

14139314_10209128466361496_1040430926_o

具体的に即事業化か決定となるビジネスプランはありませんでしたが、最終プレゼンが終わった後は、みな笑顔があふれていました。やり切った後の達成感を得た学生、悔しさが残った学生、様々な思いがあると思いますが、今回のイベントの参加が学生にとって新たなスタートラインとなったことは確かだと思います。

今回、オズビジョンは社会人メンターとして参加しましたが、企業側としてもとても多くの学びがありました。これからもこのようなイベントを開催していきたいと思います。

今回のイベントの参加学生のインタビュー内容などが含まれた詳細レポートがPDFにまとまっていますので、ぜひお見通しください。BIZCAMP参加レポート【2016年8月21日~25日】

  • Happi+ 「ハピタス」とは?