BLOG ブログ

スタッフブログ

2017.03.13

人の心を動かす活動から毎日が始まります!

CRT(ex.CSチーム)です。

オズビジョンは、毎日、全社員揃っての朝会でスタートします。

朝会では、各チームやプロジェクト、または経営戦略など全社に共有をしたいことを
持ち回りで、毎日発表しています。

現在の施策の進捗共有だったり、成果発表だったり、実はこんなことで困っているんです!
誰か良いアイディアないですか~~?などなど、全社に知ってもらい、今後の戦略や施策に活かして
いこうという意図のもと、日々プレゼンテーションが繰り広げられています。

プレゼンというと、苦手な方も多いと思いますが、私もその一人です!
「プレゼンは場数ふめばなんとかなるよ」なんていわれますが、いまだに
プレゼンは苦手であります・・・(^-^;

私は、業務外で社外のセミナーやワークショップなどに参加することがあり、
最後に成果を発表しましょうなんてことがよくあるのですが、他の方のプレゼント聞いてみて
オズビジョンの皆のプレゼンスキルの高さに気がつきます。

プレゼンはやっぱり場数なのかも!?

ちなみに、ディレクションスキルを学ぶ一環として、プレゼンのセミナーに参加した事がありますが、
プレゼンで大事なのは、「相手の心を動かす」ことらしいです。

「相手の心を動かす」というと、難しい印象を持ちますが、例えば「自分が好きなものを相手に伝える」
という行為には、相手を動かすプレゼンの要点が詰め込まれています。

「大好きなケーキが美味しいお店の事を友達に伝える」という事におきかえてみると、
どんなにプレゼンが苦手な人でも、そこに「理由や根拠」を含めて相手の「共感」を狙いにいこうと
しているので、この「根拠から共感を狙う」という流れがプレゼンの本質らしいです。
なにげない日常的な会話も、相手に何かを「伝える」ということにおいてはプレゼンテーションなんですね。

共感がうまく働けば、相手を動かすきっかけになりそうです。
「ここのケーキ屋も美味しいよ、知ってる?」
はたまた
「一緒に施策を考えてみましょうか?」
なんて会話がドンドン生まれてきそうですね。

そう思うと、プレゼンが苦手な人も、プレゼンを聞いてもらって終わりではなく、プレゼンをした後
次のアクションを相手にどうさせたいか(どう動したいか)を決めておくと良さそうです。

プレゼンスキルを身につけたい方に、オズビジョンはお勧めです!!

  • Happi+ 「ハピタス」とは?